SOUZOコンサート2017

先日ツイッターのタイムラインで、カップリング曲限定のコンサートが見てみたいという話題になっていた。V6は本当にカップリングに名曲が多くて、これはオタク全員が夢に見るコンサートだと言っても過言ではない。だから開催する、SOUZOの中で!ということでSOUZOコンサート2017(カップリング編)を開催します。

f:id:vvv24:20171112201738j:plain

f:id:vvv24:20171111151519j:plain

 ・1曲目が1番悩んだ。ぶいコンの、1曲目から飛ばさずにあえて大人しめの曲でじわ~~っとスタートして焦らす感じがとてつもなく好きです。大人しいんだけど、印象的で気分が高揚するイントロが良い・・・と考えた結果いきなりのGOLD。待ち望んでるGOLD。あの独特なイントロの中幕が開いて6人が出てきて、最初のパッ!!で全員同時に足を開いてポーズを取る。照明もパッ!!そしてそこからがっつり踊り始める6人。安定の歌い出し森田剛

・じわじわ始まったと思ったら2曲目Crank it up!!で一気にテンションブチ上げ。

・CHANCE!→Mission of Love→僕たちの明日、クールすぎないV6らしいポップな曲で踊り続けて序盤から超楽しい。オーレオレオ!で客席が一体感に包み込まれる。メンステ・センステ・バクステ駆使。

・自己紹介MCを終え、衣装チェンジからのnostalgie。これもイントロが印象的な曲で、ブロックの頭に持ってきたくなる。2番Bメロの声の重なりとか最っっ高だから絶対フルで歌うことな!

・そしてまたガツガツ踊るブロック。ずっと踊る。好きな曲選ぶとこうなる…。OKはもちろん花道の縦フォーメーションで踊りましょうね。

・メインMC。最初これをカミ曲のあとに持ってきてて、よくよく考えたらトニングの3人が1回喋るためだけに出てきてそして帰っていく、みたいな謎構成になってしまっていた。段取りが悪すぎる。6人→トニMCになって、衣装チェンジしてカミ曲へ。

・カミ曲どれにするか悩んだけど、Desert Eagleぐらいのテンポでめっちゃ踊るカミセン見たいのと単純に曲が好きなのと。絶対かっこいい。絶対かっこいい…絶対かっこいい(これしか出てこない)

・Keep A Chanceもイントロが印象的でおしゃれで、カミセンから6人に戻るのにガラッと空気変えてくれそうでここに。今の6人の歌唱で聴いてみたい…。

・そのままfAKE→SPARK→VOLTAGEとクールなナンバー続きでじわじわボルテージ上げていくVOLTAGEだけに(そのまま)VOLTAGEは今歌うからこそダンス込みでセクシーな仕上がりになりそうで期待しかない。ビリビリきてる。

・トニセンはSummer Dayがいい!!!大好き!ということはこのコンサートは夏のコンサートですね。夏に始まったのに終盤には秋になっちゃって、三宅さんあたりに「もう秋なのに思いっきり夏の歌うたってるからね」とかMCでツッコまれるやつですね。細かいことは気にすんな!

・甘い曲続きでトロッコに乗る。6人の甘やかしの時間…甘やかしすぎだって重々承知してますタイム。Eyes to Eyesはダンスも見たいから、途中でトロッコ降りて踊り始めようね。一生で最後の恋で最高に甘い空気の仕上げが完了。

・ガラッと空気変えてスケベイベーPerfect Ladyからまたダンス、ダンス、ダンス!この辺の切り替えがV6の真骨頂。BEAT OF LIFEで盛り上がりが最高潮に達したところで本編ラストのミュージック・ライフ。これは楽しさと共に泣く。OMGコンと丸被りだけど名曲なのでどうしてもここがよかった…許して…

・アンコールはV6らしい、明るくて優しい優しい2曲。「いいことばかりじゃないけど全然捨てたもんじゃない 明日も小さな幸せを日々の向こうへ探しに行こう」「もう何度何度キミが耐えてきたこと 知ってるからもう強がらなくていいんだ 振りほどいた手をほら握って前に進んで行こう」いつもこうやって絶対に肯定してくれて、隣に並んで一緒に歩いてくれるV6優しいなぁ。コンサートが終わってしまう寂しさを感じながらじんわり、あたたかいエンディングを迎えます。

以上すべてSOUZOでした。

V6 LIVE TOUR2017「The ONES」を終えて

10/12(木)NHK BSプレミアム「ザ・プロファイラー」プリンス回にて、ゲストのミッチーこと及川光博さんが、人気絶頂の中「プリンス」という名を捨てた「かつてプリンスだった男」のことを熱く語りながら、司会の岡田准一に尋ねた。

及川「岡田くん、“岡田准一”って名前今捨てられる!?」

岡田「捨てられます」

 分かりますか。「捨てられないです!!」と岡田さんが答えることで、プリンスの凄さを語ろうとした及川さんの意図を全く無視で答えちゃう岡田さんのこの天然。かわいいんですけどテレビの前で思わず「捨てれるんかいwww」とツッコまずにはいられませんでした。でも、岡田さんは多分本気で捨てられるって思ってるんだろうなぁ。もう十分なほどに俳優として名の知れた岡田さん。大人になった今はもうただ出演した作品が良いものになればそれだけで良いと思っていて、何よりも俳優としての名声なんて関係ない、ホーム(V6)があるから、「捨てられます」って即答出来るんじゃないかな・・・なんてオタクは深読みして結果ちょっと泣きました。

そんな岡田さんが久しぶりに役の入っていない、「オカダの3文字に尽きる*1」状態で参加したV6のライブツアー2017「The ONES」。自分のオーラスがついに終了しました。いや~~~~~~最高でした。本当に最高!!!私にとっては出戻り後初のコンサート参加だったこともあり、その思い出はとても色濃いものとなりました。名古屋初日が既に懐かしい。このツアーを通して出会えた友人もいて、私は本当に周りの人に恵まれているなぁと感じた時間でもありました。

名古屋のあとにもブログを更新したけど、振り返ってやっぱり1番に思い出すのは会場全体を覆うあの優しい優しい空気。V6はとにかく優しい。ただV6が好きだという理由だけでその場にいる私たちを、全肯定してくれる優しさがある。演出や選曲ももちろんその一因を担っているけど、もう単純に6人の表情とかですよね。6人全員、客席を見つめるその優しい表情に嘘なんてひとっっつも感じられなくて、宇宙規模の優しさを感じた。本当にファンのことを見てくれているから、会場がとてつもなく狭く感じる。三宅さんが「大好き!っていうより、愛してる」と言い放って去った日がありましたが、それを真正面から「どうしよう!!!愛されている!!!!!!!」と頭を抱えてしまうぐらいには素直に受け止められちゃう。*2

洗練された演出や構成、照明の数々にも度肝を抜かれました。20周年のとき散々映像で見て色んなことにマジか!?て衝撃を受けたのに、まだここにきて新しく衝撃を受けられるなんて。それはもちろんそもそも「The ONES」というアルバムが恐ろしいほどバランスの取れた最高のアルバムであることも影響してるけど、この人たち、セットリスト及び構成の組み方が天才的ですね!!!???数は少ないけど、私なりに過去に色んな人たちのライブに参加してきて、ここまで本人たち以外の要素にまで心を持っていかれたのも初めてだったので、慄きました。もう一瞬V6観に行ってんのかレーザー観に行ってんのか分からなくなるぐらい。それは言い過ぎたけど、本当にすごかった。で、そんなすごい演出の数々*3を凌駕する歌やダンスの説得力ですよ。以前も書いたけど、「The One」の響き方尋常じゃないんだから。共に共に歩んでいくんだから。Be together we are the oneだから。泣く・・・。

あと今回どれだけ心を揺さぶられたか分からないMCタイムの異常な仲の良さ。文字で拝見しても「そんなこと言う!?」と耳を疑いたくなる発言が数々ありましたが、いざ見に行くと予想をはるかに超えてくる現実がそこにあります。オタクの妄想を超えてくる現実こわい。MCは全部ノーカットで収録してください・・・お金なら出すから・・・

10月9日、長野さんが45歳の誕生日を迎えられました。ついに堂々のアラフィフ世代に突入した長野さんから発せられた豊富は、「これからも年齢を言い訳にせず踊り続けます」。かっこよすぎないですか。なんてかっこよくて嬉しいことを言うのですか!いつも優しいけど、意外と普段そういうことは言わない長野さんのメンバーへの「ありがとう」、ファンへの「愛してる」。ああこのグループはきっと、これからもずっと続いてくれるんだ・・・と勝手に感じて嬉しい気持ちになった。そうやって言葉にして言いきってしまう姿に、決して派手ではないけど、今までずっと続いてきたグループの強さも感じました。これからのV6の活動も楽しみでなりません。

本日最終日、最後までメンバー含め会場全員が幸せな空間でありますように!

*1:by三宅健

*2:普段天邪鬼な三宅さんだから余計にかもしれない

*3:Get Nakedだけで2万字ぐらい語りたい気持ちを抑えています

V6のコンサートに行きました

V6 LIVE TOUR 2017 The ONES名古屋公演に行ってきました。

私が参加したのは11日・12日の公演で、まだ見終わって3日しか経っていないわけですが、既に遥か昔のように感じるし、現実ではなく夢の中の出来事だったようにさえ感じる。過去のコンサートDVDを今まで何度も何度も繰り返し観続けていたので、まず会場に入ったときの感想は「コンサートって本当にあるんだなぁ」だった。この世にV6はちゃんと実在しているし、コンサートも幻ではなく本当にある。ありがたい話ですね。

そしていざ始まればあまりのかっこよさに次から次に心臓がえぐられるような思いで、私はもうここでしぬのかもしれない・・・ここで塵となれるなら本望・・・とかくだらないことを考えながら見てたんだけど、最終的に何よりも感じたのは、V6の包み込むような大きな優しさだった。むしろ私はこれから1000年生きられる、と思った。

あの優しさは何だろう。ファンに向ける表情、歌声、会場の空気、すべてに圧倒的な肯定感がある。今もふと頭に過ぎるのは優しい優しい6人の表情や歌声で、思い出すだけで涙が出そうになります。「完璧じゃない だけどほら笑いあえば 僕らは強くなれる」「離れていても 会えなくても 僕らはひとつさ」「共に共に歩んでいこう Be together We are the one」*1 こんなあまりにもストレートな歌詞が、ひねくれた私のような人間にも、すとんと素直に響く。そこに嘘はひとつも感じられなくて、すごいなぁ、これがV6なんだなぁ。

生きていると当たり前に嫌なことや辛いこともたくさんあるけど、こんな心強い存在がいる私は無敵ではないでしょうか。2年前、20周年のコンサートに1公演も行けなくてウオオオオと騒いでいた私へ。生きていればいいことがあるよ!!!!!!!!!!!!

次のコンサートが、楽しみでなりません。

*1:アルバムThe ONES収録「The One」

ドルビーアトモス体験記

ドルビーアトモス。ぶいオタが突如「ドルビーアトモス」という謎の単語に出会ったのは、1年以上前に遡る。20周年記念コンサートのブルーレイに、日本人アーティストでは国内初となるドルビーアトモス機能がつくとのこと。どるびーあともす。ドルビーアトモスとは。

www.dolby.com

●驚異的なサウンドで映画館を満たす

サウンドが頭上を含むあらゆる方向から流れ、驚くほど鮮明かつ豊かで、細やかな深みのあるサウンドで映画館を満たします。

●サウンドを周囲の至るところに動かす

スクリーンに映し出されたストーリーのサウンドが周囲の3次元空間で動き回るため、自分がそのアクションの中にいるかのように感じられます。

●力強く躍動的なエンタテインメント経験を演出

サウンドによって、さまざまな感覚が刺激されて感情が呼び起こされるため、エンタテインメントのインパクトが最大限に高められます。

なんか分からないけどすごそう・・・!!!ディスクを再生するだけで、まるで実際にコンサート会場に居るかのような気分が味わえるらしい。それ20周年ツアーに行きたくて仕方なかった私の夢叶いますやん!!??・・・ただ、家のスピーカーをドルビー仕様にするにはちょっとお金がかかりすぎるし、シアターを一緒にレンタルするようなぶい担の友人が近くにいるわけでもないし・・・ていうかシアターちょっと遠いし・・・ドルビー環境が全く整っていない現実。そんな私がこの度ついに初ドルビーしてきたよ~!

f:id:vvv24:20170505012721j:plain  f:id:vvv24:20170505012734j:plain

 その日は突然やってきました。友人たちと3人で日帰り旅行中、ぷらぷらと歩いていたら2人がいきなり謎の施設に入ってったのでん???と思いながら一緒に入ったら大画面が目の前に現れて、「誕生日プレゼントです」と・・・。瞬間で察してボロボロ泣いてしまったよね。ドルビー搭載シアターのレンタル。どんだけ粋なことしてくれるんだよ!!?ちょっと前に会ったときに友人の1人が(notぶいオタ)「20周年のコンサート見たい」と言い出して、私が「じゃあ今度鑑賞会でも・・・」と答えたら「いや鑑賞会もいいけどまず貸して!!!」と強く言い放ったので、一体どうしたんだろう・・・何か踊らないといけない曲でもあるのか・・・?*1とか思ってて。で、この日に持ってきてたんですよ!貸すためにディスクを!あの時から全ては始まっていたのか!わああーー!!!そして泣いている暇もないぐらい操作の説明をガンガン始めてくださるオーナーさん。そのブルーレイはここでヘビロテされてるよ!と言われました。「コイツは低音がすごく響くから、音量上げすぎると隣の雑貨屋さんの置物が倒れてしまうので、音量はここまでで」「じゃ、スタートボタン押したら森田さんのミルキーボイスが流れますから」ミルキーボイス。

ということで念願のDolby Atomos ONで20周年フォエバコンブルーレイを体験させてもらいました。臨場感すごいーーーー!スタートした瞬間、もうそこはコンサート会場!客席目線のときのリアリティが凄まじい。だからこそ「実際に会場にいる感」が味わえるんですね。そしてブルーレイ画質は大画面でもめちゃくちゃ綺麗でした。大画面の鮮明などアップに余裕で耐えられる自担最高に美しい。美しすぎて歌の途中に「\ヨッ キレイダヨ!/」て謎の合いの手入れちゃったよ。多分先週滝沢歌舞伎に行ったせい。コール&レスポンス参加出来たし、一緒に歌ったし、何回も手振り返したし、私もう完全にフォエバコン行きましたわ。間違いなく行った。記憶塗り替えられるレベル。友人たちには「好きなとこ巻き戻して何回も見たりしてもいいんだよ」と言われましたが、せっかくなのでリピはなしで全編見させてもらいました。その方が実際に行った感強まるかなと思って。ていうかもう実際に行きましたよ。何度でも言う。記憶は塗り替わる。

3時間なんてあっという間で、終盤は「ああもうすぐ・・・終わってしまう、コンサートが・・・」と猛烈な寂しさに襲われました。普段家で見てるときはそんなこと思わないのにね。音響も大画面も最高で、やっとあのブルーレイディスクの真の実力を体感出来て本当に良かったです。ドルビー最高。優しい友人たちも最高。V6も最高。疑似体験のおかげで準備は万端ですので、待ってろライブツアー2017!

*1:ダンスやってる友人

新曲の発売が決定しました

新曲きたああああああ!!!!!!!

natalie.mu

とんがりコーンのCM曲として突然「ハナヒラケ」が登場したり、プリンスホテルのCM曲として突然「足跡」が登場したり。昨日も4月ー5月期のNHKみんなのうたで「太陽と月のこどもたち」という新曲がラインナップされたことが発表となったばかり。ずっと待ちわびている新曲が続々と発表されながらも、リリースはおあずけ状態でした。去年はシングル1枚のみ*1というシンプルすぎるリリースで1年を終えたV6。ジャニーズ楽曲大賞2016のベスト5をすべて自担グループで埋めたくても1枠余ってしまったV6。ついにニューシングルの発売が決定しました。おめでとう!!!!!!やったねぇ!!!!!!!しかも「Can't Get Enough」の説明読みましたか。「男女のストーリーをクラシカルなダンスビートに乗せた楽曲」ですよ。「かっこよさを追求した攻めの大人なダンスチューン」ですよ・・・!去年発売の曲がどれも爽やかであたたかい楽曲だったので(それはそれで最高に良かったんですが)、そろそろ踊ってるかっこいいV6見たいなぁ・・・ってオタクがみんな夢膨らませてるところにドンピシャっぽいやつきたんですよ。聴いてないけど我らが三宅健が「過去のみんなが大好物のやつを越えるオシャなやつ」って断言してるのも多分これのことだし、もう期待しかないですよ。だって三宅健が期待を裏切ったことありますか?いやない!!!!!!!!!

私は15年ぐらいの時を経て1年半前にV6に出戻ってきた人間なので、やっているオタク活動のほとんどが「過去を遡ること」なんです。15年分のCDやDVDを片っ端から集めて見たり聴いたりしてきたこの1年半、めちゃくちゃ楽しかった!でも過去を遡りまくった末に見た最新のコンサートDVDが1番かっこよくて、いやいやこんな今更戻ってきたのに未来どんだけ明るいんだよと思いました。最新が1番かっこいいなんて!だから、過去のものももちろん全部大好きなんですが、「V6の新しいもの」を体験出来ることが本当に本当に嬉しくて。数が少ないから貴重っていうのもあるけど(笑)、シングル1枚出ることが決まっただけでこんな涙出るほど嬉しい、なんて体験したことないので自分でもびっくりしています。「Can't Get Enough」「MANIAC」リリースは決まってないけど「太陽と月のこどもたち」。まだ存在するのに聴いたことないV6の曲が3曲もあるんだよ!!??生きててよかったー!!!!って心から思う!今年はあわよくば下半期にアルバム&ツアーなんてどうですかね!?とまだまだ夢も膨らむばかり。2017年も君となら世界はこんなに美しい。

 

ちなみに話題のVR特典は「メンバーが居る空間に自分が存在する」って書いてあったから、これはもう今年のV6現場にカウントしておきますね。

 

*1:2016年6月8日発売「Beautiful World」

三宅担の2016年のこと

あけましておめでとうございます。

2015年はV6を(再び)好きになった年でしたが、2016年はV6に会うことの出来た年でした。滝沢歌舞伎、MURDER for Two、ビニールの城、ドリームフェスティバル。ほぼ1公演のみなので決して多い回数ではありませんが、ゴンザードにい゛ぎだい゛ぃぃぃ!!!!!とハンカチ噛みまくっていた1年前の私に教えたら泣いて喜ぶレベルだと思います。実際歌舞伎とドリフェスで落涙してますしね。

ここ何年かのV6を遡る度、せめて20周年ツアーに間に合いたかった・・・いやOMGコンに間に合いたかった。いや、セクバニコンに・・・と悔しい気持ちにキリがなく。それでもやっぱり20周年バブルが味わえる時期に好きになって良かったし、それより何より2016年に間に合ったことを私は感謝しなくちゃいけないなと思いました。滝沢歌舞伎、リオパラリンピック、ドリームフェスティバル・・・めちゃくちゃ三宅健イヤーでしたよね。歌舞伎での骨折は辛い経験だった。いや本人が一番辛いのは重々承知の上で、それまで良いものを見せようと積み重ねてきたものをものすごく感じていた分、完璧な状態でパフォーマンスが出来ないことを思うとファンとしてもすごく辛かった。出来ることならそれを見たかった、という気持ちもやっぱりあって。でもそこからの努力と復活劇がかっこよすぎた。真摯な姿勢がかっこよすぎた。シンプルにダンスがかっこよすぎた。リオパラリンピックのなめらかな手話・表情も素敵でかっこよかったし、ドリフェスでの演出やセットリストにおける全方向へ向けたパーフェクトなサービス、今思い出しても震えます。すべてにおいて、ただただ妥協しない、努力家の三宅健がかっこいい1年でした。何回も大好きだ!と惚れ直しました。

あとゆっくり冷静に振り返ってもやっぱり森田剛の「お前の踊りを見に来たんだから踊れよ」ってすごくない????この記事書くにあたって頭の中で色々振り返ってたら急にこの剛健に出会ってまだひええええ!てなった。こんな爆弾に間に合ってる時点でもう過去なんかどうでもいいだろって思えるぐらい幸せ。あとあまりの衝撃にもはや皆が心の中から消し去っている疑惑すらある刈り上げくん事件*1も2016年だからね。ああもうやっぱり過去に戻りたいなんて贅沢すぎるからやめる。だって過去作品のブルーレイも出してくれたし。それも2016年だ!ありがとう2016年!!そしてありがとう、ラブセン。

2016年を三宅担として過ごせた幸せを嚙み締める!!!と同時に、そんな三宅さんの2017年はみんなといっぱい会える年宣言を楽しみに毎日頑張ります。マイペースな更新ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

*1:6月10日(金)テレビ朝日にて

アイドルが結婚するということ

中高生の頃以来、アラサーになってからジャニオタを復活した私が、初めてじっくりと「自担の結婚」というものについて考えをめぐらせたのは、TOKIO国分太一さんが結婚した時だった。そっか、自担が突然結婚を発表するかもしれないんだ!と自分に置き換えてシミュレーションした人は他にもたくさんいたんじゃないだろうか。そして私はリアルにシミュレーションしてみた結果、酷く落ち込んだことを覚えている。

落ち込んだ理由は何なのか。もちろん自分が結婚出来ると思っているわけではないし、そもそも自担を結婚したい対象と思ったことはない。それなのに何か大事な宝物を他人に奪われたような、寂しい気持ちになるからかもしれない。仲の良い友人が結婚するときのように、近くにいた人が遠くにいってしまう感覚になるからかもしれない。そして何よりも、メンバーや周りの関係者、きっと多くのファンが「おめでとう」と祝福モードの中、自分の好きな人の幸せを心から喜ぶことが出来ない、自分自身がすごく嫌だと思った。自分のことがなんだかとても醜い存在に思えて、ただのシミュレーションなのにとてつもなく自己嫌悪に陥った。いっそ「結婚するならファンやめます」ってきっぱり言える人間になれたら楽だろうなぁ、好きなのは止められないんだよなぁ、でもなんかやっぱ嫌なんだよなぁ、そんな風に思っちゃう自分が一番嫌だなぁって。こうやってめちゃくちゃ苦しむんだろうなーと思った。なんかやっぱり、好きな人の幸せを心から喜べる人が正しい人間、という発想が自分の中にあるんだろうな。出来ればそうでありたかった。分かってたけど私性格悪いな、と改めて思い知らされるような感覚になったのだ。

そんな勝手な妄想で自己嫌悪に陥りモヤモヤとした気持ちを抱えている最中、ツイッターのタイムライン上で下記のエントリーが流れてきたのである。

note.mu  ※引用許可ありがとうございます。

号泣した。自分のモヤモヤとした気持ちを救ってくれたのは、何を隠そう自担である三宅健だった。三宅さんは決して、井ノ原さんの結婚を喜んでいないわけじゃない。きちんとメンバーの結婚を喜んだ上で、全ての人がハッピーではないことをちゃんと知っているし、ゆるしてくれている。これを自分のグループのメンバーの結婚に対して言ってくれるなんて、どれだけ優しい人なんだろうと思った。

多分私はこれからもずっとこのめんどくさい感情と付き合って何度も自分が嫌になるんだろうけど、それを三宅健がゆるしてくれるのなら、私も私自身を少しゆるすことが出来るかもしれない。