読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6の音楽に甘える毎日のこと

出戻りの私の中のV6は最初の5年で歴史が終わってしまっていたため、猛スピードで15年を遡っている真っ最中なのだが、とてつもない楽曲の良さにやられまくっている。かっこいい曲、かわいい曲、楽しい曲。色んな曲があるが、そんな中でも私がよくお世話になっているプレイリスト*1が、「V6の音楽に甘えたいときに聴く曲リスト」。曲がりなりにも社会に出て日々の生活を送らせていただいているもんで、仕事やプライベートでストレスが溜まったり、疲れたり、体調を崩したりということが人並みにあるのですが、そういうときに精神的に甘えさせてくれる音楽がV6にはたくさんあるなぁと思う。「癒されている」というよりは「甘えている」という感覚。6人の歌声に包み込まれているという感覚。そんなリストに入れている曲を紹介してみようと思います。ただし音楽的知識が乏しいのでたいしたことが書けないよ。驚くほど皆さんご存知の名曲しか出てこないよ。ちょこちょこ気持ち悪いよ。

至極のラブソング編

やっぱりアイドルグループの歌うラブソングって強い。

◆Medecine

もうタイトルが「お薬」な時点でお薬になる曲ってことが決定している。冒頭から井ノ原さんの歌声がたまらないし、全体的に軽く明るい曲調が心地よいし、歌詞もかわいい。サビの直前で「もう離しはしないよ」とか突然言ってくるのもいい。「え!?」てドキっとした自分を置いてそのままサビに突入する感じね。そして甘々のサビ。ハッピーなラブソングってほんと良いですよね。

◆特別な夜は平凡な夜の次に来る

これももうタイトルからして最高。平凡な毎日しか訪れない人間にも、「そっか、明日は特別な夜かもしれないのか…!」と思わせる魔法。毎日聴いたら、毎日のように「今日が平凡なのは明日のためだ」というポジティブな気持ちになれるからおすすめ。「今さら照れてしまうけど 君はきれいだよ」みたいな、ストレートな歌詞をストレートに歌われるとキュンとします。

己を全肯定してくれる編

疲れているとき、ネガティブな気持ちになっているとき、自分のすべてを肯定してくれるような曲に甘えたくなります。

◆Bouquet

優しいメロディと優しい歌声と優しい歌詞。全部優しい。Ready?コンでの演出も思い出されてほっこりする。自分の心が荒んでいるなぁと思ったときに聴いて心を落ち着けます。少しタチの悪い風邪が長引いたから心がぬくもりに気付かないだけ、と言い聞かせます。「焦らないで ほら そのままでいいさ」なんて言われたら泣く!

◆僕と僕らのあした

もうAメロの剛くんの歌声を聴いただけで泣く自信がある。何あの心に突き刺さる声。そのまま剛健のAメロでじわじわきて、「悲しみは伝染するから笑っていたよ」とか言いだす井ノ原さんにものすごくやられる。「そうさ僕らはひとりきりで 強くなる必要なんてないさ」の部分の、あれ、もしかして私のうしろにいつもV6がいて守ってくれてるんじゃないか!?感がたまらない。*2

Air

ラブソング編に入れたいところだけど、あえてこっちで。もうベタすぎるにもほどがある選曲だけど、いいもんはいい!!!どこの箇所も最高だけど、岡田さんの歌う「ありのままの君で ずっとそばにいてよ 世界中の誰よりも 愛するから」の部分、優しすぎて私このまま生きててもいいんだね…!?と泣きそうな気持ちになります。こんなにも己を全肯定してくれるストレートな歌詞があるだろうか。6人全員の甘い歌声も、本当に大好き。

大人になるって悪くないかも編

あの頃とは違ってしまったけど、大人になるのも悪くないかも…としみじみと感じられる曲。

◆ユメノサキ

これはもう、トニングの3人様の包容力の賜物です。ちょっぴり切ない歌詞なのに、すーっと心に染み込んであたたかい気持ちにさせるトニセンの実力たるや。トニセンにしか歌いこなせない曲。大人アイドルの真骨頂だなぁ。

◆タイムカプセル

これもちょっぴり切ない歌詞が心に染みわたる名曲。「悲しいことは曖昧でいい」という歌詞が優しくて大好き。個人的に、Believe your smileの10年後の曲という設定を勝手に付けて聴いています。そう思うとまたたまらないんだよ~。 

6人の関係性がたまらないよ編

V6って・・・本当にいいグループだなぁ・・・

◆Timeless

井ノ原さんが歌い始めの曲ってそもそも名曲しかないような。歌もダンスも衣装もめちゃくちゃかっこいいし、決して派手な曲ではないけどじんわりと胸にくる感じ。20年やってきたからこそ出せる味。

◆WALK

これはミュージックビデオやコンサートでのパフォーマンスも込みで本当に名曲ですね。何回聴いても涙が出そうになる。ちょこちょこ入ってくる個人的な妄想をまた披露して申し訳ないが、学校へ行こう!スペシャルのエンディングとかで歌ってくれたら最高だと思う。ないだろうけど。ないだろうけど想像しただけで泣く!ないだろうけど~!

◆~此処から~

言わずもがな。いくら20周年だからって、こんなにも6人の素直な言葉が詰まった曲を作ってくれるなんて最高すぎやしませんか?しかも自分の歌詞のところをほぼ本人が歌うなんて。6人の気持ちがストレートに伝わる、シンプルなメロディも最高。こんなん聴かされたら離れられないよね。

以上のプレイリストを仕事帰りや夜寝る前に再生して、1人で「うん・・うん・・・ありがとう、生きるね!」と元気をもらったりしています。だいぶ気持ちが悪い。でもV6の音楽に甘えている時間、とてつもなく幸せだよ~。

*1:作ったのは自分ですけど

*2:勘違いだけどさ~^^