読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6 LIVE TOUR 2015 DVD&Blu-rayの感想

井ノ原快彦さん、ヱビスビールのCM決定おめでとうございます。ビール大好き人間の私は、グループから2人目となるビールのCM決定情報に大変心踊り、今までビールはどんな会社のどんな商品も大歓迎スタイルでしたが、これを機に「ビールはサッポロ派」と心を決めました。早速昨日はヱビスビール、今日は麦とホップを飲みました。そんなほろ酔いのテンションに任せて、先月発売になったディスクたちの感想を全部ではないですがだらだらと書きたいな、と思います。ネタバレ嫌な方はご注意を。

◆V6 LIVE TOUR 2015-SINCE 1995~FOREVER- 通常盤 Blu-ray

ブルーレイってすごくないですか?私もう何年もブルーレイレコーダー使ってるし、他のアーティストのライブ映像もブルーレイで持ってますし、ブルーレイの画質なんてとっくに慣れてると思ってたんですよ。でもここ半年ぐらいV6のDVDばっかり見てたから、目がDVDの時代に戻ってたんでしょうね。まさかここにきてブルーレイの画質にここまで感動すると思ってなかったです。本当にえげつないです。WOWOWでもすごかったのに、もっとすごい・・・。BTWの変態照明が本当に変態!!!!WOWOWでは見れなかった、「太陽のあたる場所」からの「Can do!Can go!」や、「Honey」に「キミノカケラ」など。月並みな表現ですがどれも本当にすてきでした。太陽のあたる場所、大好きやねん。ラップのところ、大人になって大人になったカミセンが歌ってるの見たらとてつもなくグッときた。そっからのCan do!Can go!なんてずるい!こういう昔の曲やってるの見ると、20年経って今こんなにかっこいいV6やばい・・・という気持ちが更に上がりますね。Honeyはやっぱりいい曲で当たり前に歌がうますぎるし、キミノカケラはモノクロからの指パチでカラーなんておしゃれな演出・・・!って思ってたらやっぱり三宅さんプレゼンツだし。あとWOWOWでなかったところを特筆するならば、過去の映像から振り返っての出せない手紙って良すぎない??あの瞬間に涙腺ゆるんだ~~。そして最後のリボンシャワーでもちろん大号泣です。6人がステージに寝転んだところを真上から撮影した人、何かしらの賞あげよう。判断完璧か。あの真上からの映像になった瞬間、何回目でもぶわっと涙が出てくる。本当に奇跡のような出来事でしたね。私は1公演も参加出来なかったツアーだったけど、リボンだけは書けたので、そういう意味でもやっぱり最高に嬉しい演出だなぁ。

◆V6 LIVE TOUR 2015-SINCE 1995~FOREVER- 初回A盤

私アイドルの舞台裏のオフショットって大大大好きなんですよ。まぁオタクはみんな好きでしょうけど。だからこのドキュメンタリー特典は相当に嬉しかったです。ドキュメンタリーという単語が使われているだけにどんな映像なんだろう?と思って再生したら、ものすごく素に近い状態の自然な彼らや、真剣に話し合いしてるとこなんかも流してくれて。しかも全公演分。最高かよ。初っ端のMADE IN JAPANの振りを6人できゃっきゃ言いながら考えてるところからもうずーーっとニッコニコで見続けました。三宅さんがひろしに「何食べたの?」って抱きついて甘えてるとことか、マサの白髪取ってるとことかはちょっとあまりにかわいすぎて意識失いそうでした。あとはずっとニコニコしてました。あ、Okada CameraのHELLOは泣きました。とにかく見ていてずっと幸せでした。そしてMC集、全っ部おもしろかった。井ノ原くんすげぇ。

◆V6 LIVE TOUR 2015-SINCE 1995~FOREVER- 初回B盤

Bはなんといってもビジュアルコメンタリーですよ。この特典が決まるまで、オーディオコメンタリー付いてほしい~!!!って願ってたんですが、私間違ってました。ビジュアル必要でした。ビジュアルコメンタリーが正解でした。エイベさんありがとうございました。ダイジェストとか言いながらほぼノーカットなのもすてき。もうね、これは「家族」の2文字に尽きる。溢れ出る家族感。しっかりコメントしつつも手巻き寿司をめちゃくちゃ食べる井ノ原くんも、膝にいくら付けながらやいやいおばちゃんみたいに喋りまくる健くんも、みんなのコメントに大笑いする坂本くんも、母のようににっこり見守りながらたまに井ノ原くんに手巻き催促するひろしも、バラエティやコンサートでは最近あんなに騒いでるくせにこういうときになると静かで末っ子な岡田も、靴下脱いでくつろいでて、たまに寝てます・・・?と思いきやアヒャヒャって笑ってたりする剛くんも、みんな最高。かわいい。かわいいの宝庫!これは永遠に見てられるやつやなー。ドキュメンタリー同様、終始ニッコニコで眺めていました。しかしあれやね、あくまでコンサート映像を見ている6人を楽しむ映像なのに、たまに気付いたらちっちゃいワイプのコンサート本編の方に釘付けになってしまってるときがあるね。コンサート本編が素晴らしいからついね。目が4つ欲しいなぁ。

◆過去3作品の通常盤Blu-ray

WOWOWの放送直前SPで、レディコンのMCがハイビジョン映像で流れたとき、びっくりしましたよね。何その映像???そんなの持ってたの??くれ!!!ってなりましたよね。我らが三宅大先生がしっかりと要望出してくれたおかげで、本当にその映像もらえることになりまして。出戻りの私はDVD買ったのも割と最近だったけど、嬉しすぎて迷うことなくブルーレイ買い直しました。で、これが想像以上に最高だった。2016年に何回も言うことじゃないけどブルーレイって本当にすごい!!!今までレディコンのAir見て照明きれ~~って思ってたじゃないですか。これ見て、私そのAirの照明の綺麗さ全然知らずに過ごしてたんだって思いました。もう全然違う。6人の表情や流れる汗が鮮明に見えるのもかっこよくてグッとくるし、V6のコンサートは毎回本当に照明が綺麗なので、その照明のすごさを堪能するためにもブルーレイは必要不可欠だと痛感しました。ぜひ今後もブルーレイで出して欲しい!!今まで何度も見ている大好きなコンサートDVDでしたが、ブルーレイで見るとほんと別物のようで、「あれ、この曲こんなに良かったでした??」「このコンサートってこんなんでしたっけ??」と、新しい感動がたくさんありました。DVD持ってても絶対に買う価値があるよ~。

発売から3週間経っても全く飽きることなく、気分で色んなディスクをちょこちょこと見る毎日が楽しいです。そうこう言ってる間に新曲が出そうな匂いもプンプンしてるし、来月は歌舞伎に行けることになったし、ラブセンは突然新本編とか言い出すし・・・20周年が終わってもずっと楽しいまんまで、幸せを嚙み締めています。仕事で嫌なことあってもすぐ助けてもらってます。いつもありがてぇ・・・。とりあえず、ビールもう一杯飲もう。