読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初現場が滝沢歌舞伎だった三宅担の話

2015年の秋頃にV6のファンクラブに加入した私。出戻り後の初現場は三宅さんに…!と心に決めておりました。だからオーチャード坂本もフォエプラ博もものすごくものすごーーく見たかったけど、ファンクラブ申し込みをスルーし、2016年もみんなに会いたいと色んなところでおっしゃっていた三宅さんの出番をじっと待っていました。コンサートかな?コンサートだったら嬉しいな。あとはなんか個人仕事の流れ来てるし、個人で舞台とかあったりするのかな??と色んな想像をしながら新年を迎えたものでした。が、正解はそんな甘っちょろいものではありませんでした。

それは突然の出来事でした。会社の昼休み、何気ない気持ちでツイッターを開いた途端舞い込んできた予想外の文字。「V6三宅健が『滝沢歌舞伎』初出演」。…ん?タキザワ?カブキ???タキザワカブキ?健くんがタキザワカブキに出るの??ていうことは、私の初現場は、タキザワカブキになるの???ていうかタキザワカブキってなに????私の脳内には派手なマント風の衣装を身に付けたタッキーが宙を舞う姿や、先日友人に見せてもらったいつかのカウコンの、流れる水に映し出された「愛・革命」の文字の映像が流れていました。V6に出戻ってきて感じたのは、この人たちジャニーズっぽくないなということ。スタイリッシュなパフォーマンスや楽曲で、なんかシュッとしてるな?そういうザ・ジャニーズ!みたいな路線とは、今やかけ離れたところにいるな、と。だからこそ、自分が滝沢歌舞伎のような(ってよく知らないので勝手なイメージですが)ジャニーズエンターテイメント全開のものに行くことになるとは全く思っていなかったので、衝撃と同時にちょっと笑いが止まりませんでした。1年前の今頃は、ジャニオタを復活するなんて微塵にも思ってなかったのに、1年後に滝沢歌舞伎行くのかよ私。V6のファンとしての初現場滝沢歌舞伎て。おもしろすぎるやろ。ということで、当たるかも分からないのにワクワクしていた2016年1月。

ということで前置きが長くなりましたが、行ってきました滝沢歌舞伎2016。地方組の私が行けるのは1公演のみ。案の定与えられたA席の1公演のみ。全てを目に焼き付けてやる!!!と特に予習もせずに意気込んで観て来ました。以下ネタバレあり。

 

 

◆オープニング
バレリーナのような女性ダンサーが舞い踊る中キラキラ衣装のタッキー登場。私がイメージしているタッキーそのもの!!!ものすごくお美しいお顔!十数年前のビジュアルのイメージから全く衰えてないからすごい!パーフェクトビジュアルジャニーズのタッキーがフライングで舞う姿は、「ふおおお!!!ジャニーズ見に来たぞおぉぉぉ!!!!!」ってめっちゃくちゃテンション上がりました。

◆健くん登場
中学生の頃以来の生の健くんです。でも当時の記憶が剛くん並に皆無の私からしたらもはや初めて生で見る三宅健と言っても過言ではありません。分かりますか。初めて生で見る三宅健が、骨折というアクシデントを抱えながらも登場した三宅健が、いきなりV6の名曲「Maybe」をソロで歌い踊り始めた瞬間のオタクの気持ち分かりますか。
「わ、健くん出て…きた……!普通に歩いてる!健くんや!本物の健くんやめっちゃかっこいいどうしよう!めっちゃかっこい……え、メイ!?ビー!?メイビー!!??いきなりメイビー!!!???」
自分でもびっくりしたっていうかまぁ引いたんですけど、登場して数秒でめっちゃ泣いたよねw涙ボロボロ零れちゃったよね。あまりのかっこよさに感動して。後ろでかっこいい映像流れてるからそっちも見たいし、双眼鏡で健くんの細かな表情や動きも見たいし、引きでバックのJrの子達も含めた全体的な画も見たいしで、ポロポロ泣きながら双眼鏡付けたり外したりただただアワアワとしていました。恥ずかしい。1回しか見れないから全てを目に焼き付けるぜ!って意気込んでたのにその目が滲んでるし、普通に全然目が足りない。いきなり足りない!かっこよすぎるやろ!!!あの振り付け何!?手話ダンス?気持ちの乗り方がエグいかっこいい!!!岡っ引きを見に来たつもりだったのに初っ端からいきなり何やこれは…!!??

◆戦い
箇条書きのタイトルの付け方が酷くて申し訳ないんですけど、タッキーやJrの皆さんがただひたすら剣を片手に戦っていました。ちょっと直前の健くんにだいぶ気持ち持ってかれてて、ふと冷静さを取り戻したときにはもうめちゃくちゃ戦ってた。戦いに入る前の流れとかあったっけ?って思い出そうとしたけど多分ない。誰が敵とか味方とか何も分からないけど、グルグル回りまくったり高さが変わりまくったりするステージ上を縦横無尽に大量のジャニーズの精鋭たちが駆け回って戦う姿は、それだけで十分演目として成り立っている。意味や展開なんて必要なし!タッキーが最後に「ヤァッ!!!」って叫んで唐突に戦いは終わる。それでいい!!!それが滝沢歌舞伎!!!

◆怪談話
そして今度は唐突にJrの子の怪談話が始まる。ほんと何もかもが全部急やね!!流れとかないんやね!急に何〜!?って戸惑いながらも気軽な気持ちで眺めてたら、Jrの子の1人芝居が上手すぎて普通にめちゃくちゃ怖かったw何やこのクオリティ。ジャニーズJr.たちの知識が全くないのでほんとに全然誰とか分かってなくて申し訳ないんですが、みんな歌もダンスも演技もすごく上手ですね。

◆健くん登場②
怪談話の流れから何で王様の椅子みたいなのに座った健くんが出てきたのかは全く分からなかったけど、なんかまたかっこいい健くんキターーー!!!!椅子ダンス!V6お得意の椅子×ダンスのコラボ!!!これが以前健くんが話していた「今までで1番難しいダンス」だと思うんですけど、椅子に座りながらの表現なのにもうほんっっっとーーーにかっこよくて。このかっこよさを表現する言葉を私は持ち合わせていません。さっきからかっこいいしか言ってない。健くんって、気持ちをダンスに乗せるのがすごく上手いなって思う。体の動きのみじゃなく、表情も含めた表現が本当に素敵。だから双眼鏡でその表情や指先の動き一つ一つまで見逃したくないという気持ちと、ステージ全体の表現を引きでじっくり見たいという気持ちがせめぎ合って、やっぱり1回見るだけじゃ足りないという結論に。途中王様の椅子の上に立ち上がった健くんの背中から白い羽根がバサアアアッ!!て生えるところ、圧倒的絵力に倒れそうになった。天使そのものやん!!!でもかわいらしい天使じゃなくてかっこいい天使!!天使って実在するんですね…。ちなみにこの部分、伝わる人がいないかもしれませんが、いくえみ綾のエンジェルベイビーという漫画を思い出しました。

◆腹筋太鼓
噂の腹筋太鼓きた〜!!私これも何か前後の流れがあって太鼓のシーンが登場するのかな?て思ってたんですけど、何もなく突然やるんやね。この頃にはもうその目まぐるしさにも慣れてきた頃でしたけど。上裸の大量の男性が和太鼓叩く姿ってものすごく圧巻ですよ。しかしみんなええ体しとんな!と呑気に眺めてたら後ろの装置が開いて、我らが三宅健登場!!仰向けの状態でズイズイと上昇していく健くん。服着てるときはほっそいな〜って思うのに脱ぐと思った以上にガッシリしてるなぁ。筋肉もだけど、お肌が綺麗。グルグル回って上下したりしながら太鼓を叩き続けるケンタッキーと、その装置の回りをぐるっと囲んで腹筋しながら太鼓を叩くJrたち。改めてとんでもない絵面である。おもしろすぎる。これ何?感がすごくてめちゃくちゃおもしろいのに、双眼鏡で1人1人を眺めるとみんなめっちゃ真剣だし髪振り乱して汗かきながら太鼓叩いてて超かっこいい。いやかっこいいんかい!!健くんしぬほどかっこいいんかい!!って思いながら凝視していました。脱がせてくれたタッキーに感謝!

セグウェイダンス
今の時代のジャニーズはローラースケートではなくセグウェイを乗りこなすんだと知った日。暗いステージでピカピカと色んな色に光るセグウェイ綺麗。動きが華麗でキラキラしてて楽しいな〜!と感動しました。

◆舞台化粧
ステージの両サイドに化粧台セットが登場して、タッキーと健くんがそれぞれお化粧タイム。セットの下にいるJrの子達が色々説明したり紹介したり2人に話しかけたり。ここで連日タイムラインを賑わせている佐久間くんを初めて認識出来た!めっちゃかわいい!!健くんに一緒にエクレア食べましょうって持って行って200ポイントもらえそうだったのに、エクレアの消費期限が切れててマイナス200ポイントになってしまった佐久間くんとてもかわいい。この日はタッキーの入所日だったそうで。
滝沢「入所日って大事なの?入所日とか大事だと思います?」三宅「全く思わない。ただの入った日でしょ?そんなこと言ったらうちなんて、出てった日がある人いるからね」滝沢「やめなさい(笑)」三宅「2人ぐらいいるから、1回出てっちゃった人がさ」
滝沢「もうあの人のマイク切って!」wしばらくやり取りが続いた後、お化粧中の2人が残ったまま真ん中でJrの子達の歌が始まる。一生懸命お化粧してる健くんが気になりすぎて歌が入ってこないよごめんなさい!歌が終わったらまたしばらく2人で会話。後輩に「ほんとイタズラっ子ですよね」って言われる三宅健(36)かわええ。

◆口上
Jrの子達による口上。ここで前半はエンターテイメントショーをお届けしました!と言われて、やっと納得した。ここまでずっと歌舞伎って何やっけ???って思ってたので。歌舞伎はこれからだったんですね!この口上で順番に自己紹介するJrの皆さんのお顔を双眼鏡でじっくり拝見出来てよかったです。

◆歌舞伎スタート
女形のタッキーと男役の健くんの舞い。ごめん、歌舞伎メイクの健くんちょっとおもしろい。タッキーはただただ綺麗。2人で男女の舞い?をしたあとは、謎に蝶と戦うショー。なんかわからんけど、滝沢歌舞伎すっげーな!!!ってなりました。日本語能力がものすごく足りない。これは全体的にも思ったことだけど、とにかく舞台のセットがぐるぐる動きまくるしJrの子達がたくさん動き回ってるし一体何が行われてたのかよく分からないまま終わって「なんかわからんけどすごかった!!」って小学2年生みたいな感想だけが残る。意味なんて考えるものじゃないですよね。このとき客席に降り注いだ蝶の量、おびただしかったですね。

◆第二幕スタート
幕間が終わり、第二幕は笑いあり涙なしという鼠小僧の物語。やっと!やっと普通に歌舞伎っぽいやつ!!でももうその普通の歌舞伎っぽいやつでは全然満足出来ない体にされてるから、やっぱり前半のエンターテイメントショーとセットになってる滝沢歌舞伎が1番最高。しかしほんとJrの子達がみんな上手!顔もかっこいいしダンスも演技も上手で素晴らしい人たちの集まりですね。健くんはえらくクールな岡っ引きの役で、あまり笑いのシーンがなかったのはちょっと残念。もっとお茶目な役でもいいんだよ。だからJrのみんなのお茶目なシーンがいちいち楽しかった。特に好きだったのは鼠小僧タッキーとお丸ちゃんのシーン。まぁ3階席だったので花道でやってるこのシーンはほぼ見えなかったんですけど、それでも言葉のやり取りだけで十分楽しめたからすごい。突然鼠に「タダ」って呼ばれてそれが自分の苗字であるということを初めて知ったお丸のリアクションおもしろすぎた。あの子の女装と演技振り切ってて素晴らしい。名前が分からなくてごめんなさい。そんなこともあって、健くんの登場シーンがそこまで多いわけじゃないけど楽しかった!!最後の方の水ザブーン!!のとこの迫力たるや…!舞台上であんなに大量の水流れたの初めて見たわ。ていうか滝沢歌舞伎客席に大量の物が降り注ぎすぎ!3階席には何一つ降って来ませんけど、降り注ぐ光景を眺めてるだけでも十分楽しめました。

◆カーテンコール
散々かっこいい曲ばっかり歌ってきてたのに、最後の「LOVE」がものすごくハッピーでラブリーでかわいい曲でテンション上がった。笑顔で歌う健くんのまぁかわいいこと!!そしてケンタッキーのフライング…!私は席が健くん側だったこともあって、この日1番健くんが近くに来てめちゃくちゃ嬉しかった。ていうかフライングってやっぱ良いよ!!ジャニーズっぽくて!生で見るとうおおおお!ってアガりますよ。V6も久しぶりにやってみたらどうだろう?って軽率に書いとくよ。フライング終わりの健くんを万全の態勢でキャッチしてるJrの子達には全員にお年玉を配りたいです。というわけで終わり。

ああああ楽しかった…っ!!!
1回でも観に行けてよかった〜!健くんかっこよかったー!!!だって私「初めて見る健くんは岡っ引き」と思って行ってるのに、実際の初めては1人で超絶かっこいいダンスでMaybeを歌い踊る健くんだったんですよ。贅沢すぎませんかこれ。後半になるにつれて足を引きずっていて、前半の骨折してたんでしたっけ??ぐらいの違和感のない動きも相当努力してるんだろうなと思うと、本当に神様恨みそうになるけど、それでもやっぱりかっこいい健くんがただただ素晴らしい。1日でも早く良くなりますように。そして一つ贅沢を言うならば、いつかまた万全の体制でもっかい歌舞伎に出てくれたらいいなぁ。その時は間違いなく飛んで行きます。

最後にタッキー、やっぱすげーな!さっきと全然違う場所に全然違う衣装で居るんだけど!?ってことが何回もあった。タッキー2、3人いるとしか思えない。多分いる。そのどの場面でも完璧にかっこいいからまたすごい。超人。意味なんて考えたら負けの演出の数々も最高でした。あんなの凡人には全く思いつかないからやっぱり超人だと思います。ジャニーズエンターテイメントって、楽しいね!もう観に行けないのが本当残念でなりません。