読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフェスに行ってきました

歌って踊るV6を、ついに生で見ることが出来ました。10月23日(日)、代々木第一体育館で行われたドリームフェスティバルにて。

natalie.mu

コンサートがないと悲しむ日々に突然舞い込んだニュース。まさかのフェスの出演。それでも歌い踊る6人が見たくて見たくて仕方なかった私には夢のようなニュースでした。無事友人のおかげでチケットも取ることができ、ウキウキして当日を待っていた数ヶ月。いざ行けるとなると次に気になるのは何をやるのか?になるわけで。

最初にセットリストについての話題が出たのは、9月19日放送の三宅健のラヂオでした。リスナーからの、「まさかこれまでの歌番組と同じような、ど定番お約束曲でそれなりなセトリじゃないですよね??」というメッセージに答える健くん。

これね、僕は言いたい。分かってないな。何も分かってないな。(中略)バランスがやっぱりありますから、世の中には。これがファンの人達だけのコンサートだったら、ファンの人達が望むものをやりたいんですけど、いかんせんそうじゃないので、まだ決まってはいないんですけど、僕はど定番が良いと思う。王道で良いと思いますけどね。自分が色んな人のライブに行ったりしていて思うことかな。知らない曲ばっかりをやられても、いたたまれない気持ちになるんだよね。

三宅健のラヂオ:bayfm78

うんうん、ですよねぇごもっともですよね!!!!V6は誰もが知っている有名な曲がたくさんあるから、やっぱりそういう王道の選曲の方が知らない人たちも一緒に絶対盛り上がれるし!!!すごく良いと思う!!!ただ、40分ぐらい出番あるんですよね?7曲ぐらいやれちゃいますかね?そしたらその中で1曲ぐらい、なんか定番曲以外でバキバキに踊ってみるとかいかがですかね・・・??

そんな淡い期待を捨てきれないまま、本番直前となる10月19日発売の週刊TVガイドに、ドリフェスに関する健くんのインタビュー記事が掲載された。

「(セットリストについて)僕のラジオにもそういう質問がいっぱい来てたけど、まぁ、今回はベタで(笑)でも、王道でやりたいって言ったら、“王道もいいけど、マイナーな曲もやってほしい”っていう意見が結構来てて。でも、僕から言わせれば、本番前にそうそうホントのことはしゃべらないからね(笑)そのままやるわけないでしょ!最初から答えを言うヤツがどこにいるの(笑)だから楽しみにしててくださいってことだよね。」

「(V6はダンスが見所と言われて)僕らのダンスが好きな人は楽しいと思ってくれるかもしれないけど、興味ない人から見たら全部一緒に見えるんじゃない?また踊ってんな、っていうことになるから、そこの工夫も必要だよね。ただ歌って踊ってだったら他のアーティストでもいいってなるから、踊るだけがすべてじゃないものを見せないと」

・・・みやけけんよ・・・・・・・・。みやけけんという人は・・・・・・。どこまで信用しか出来ないんだろう。ファンへのサービス精神を大切にしつつも、興味のない人からどう見えるかという客観性も常に持ち合わせていて、そんな健くんが今回1人でセットリストや演出考えてるなんて、そんなもんどう考えても良いものにしかならないじゃないかと。ちょっとドリフェス、始まる前から夢詰まりすぎじゃない!?と既に涙が出てくるような記事でした。

そしてついに当日を迎えたわけですが。トップバッターがいきなりV6で、何の心の準備も出来ていなかった私が時に叫んだり時に涙ボロボロ流したりしながら(笑)堪能したセットリストが、皆さんご存知のとおりでしょうが以下となります。

1.MUSIC FOR THE PEOPLE

2.TAKE ME HIGHER

3.Believe Your Smile

4.HONEY BEAT

5.fAKE

6.will

7.SP“Break The Wall”

8.Beautiful World

9.over

10.Wait for you

11.Darling

12.CHANGE THE WORLD

13.愛なんだ

14.WAになっておどろう

 だからもうマジで・・・・みやけけんよ・・・・・・。みやけけんという人は・・・・・・・!!!!!まず曲数が想定の倍ぐらいあるんですけど!!!ほとんどの曲をワンハーフぐらいの尺で怒涛のようにやった結果、フェスでやる曲数をとうに超えたボリュームとなっている・・・。定番曲と定番曲でファン大好き曲をサンドする最高の構成!バランスが鬼!バランスが神!

そして何より、ファン大好き曲の選曲がもう・・・。テレガのインタビュー読んでから改めてセットリストを予想する中で、リハーサルの時間もそんなにないだろうし、マイナー曲をやるにしても直近のコンサートでやった曲から選ばれるかな?とか思ってまして。それがまさかのfAKEですよ。2013年のツアー以来やってないfAKEをここにぶつけてくるかと!!!fAKEのイントロが流れた瞬間、周りのぶいオタたちがあまりの衝撃にうぎゃあああああああ!!!!ってとてつもない悲鳴をあげたんだけど、私は頭が真っ白になってしまって何が起こったか一瞬理解出来ず、ワンテンポ遅れて「あ、これ、fAKEでは・・・・・・」って気付いてその瞬間涙がボロボロと(笑)だって泣くよねぇこんなの。そして選曲だけでもすごいのに、今回のためだけに新たに6人の映像撮りおろして、6台のLEDパネルに流れるそれらの映像と融合した完全に新しい演出用意されてたんだよ。単独コンサートかよ!実在の6人が映像の自分と向かい合うようにしてフェイスマイフェイス・・・って歌うのめちゃくちゃかっこよかったんですよ。健くんの呟きフェイクを溜めに溜めた新しい曲構成もすっごいかっこよかったんですよ。そっからのwill、BTWって完璧すぎません??去年のコンサートDVDを見倒している我々としては、willが終わったらその瞬間にBTWのイントロ流れてゾクゾクしたいじゃないですか。それ実現してくれたんです。そんなの叫ぶに決まってます。

あと忘れちゃいけない、まさかのトロッコね!!フェスでトロッコ!トロッコが登場した瞬間の周囲のオタクたちの「えええええ!!??」って叫びめっちゃ笑った。そりゃマジかよ!?ってなるよ。2階にいた私は双眼鏡で健くんを凝視してたけど、ただでさえお客さんと距離の近いトロッコに座り込んでにこにこ笑顔振りまいてて倒れそうになりました。アイドルが本気出してころしにかかってる・・・。トロッコ演出含め、だーりん→ちぇんざわ→愛なんだ→WAっていう盛り上がらないわけがないセットリストで、トップバッターにして会場すべてを自分たちの空気にして颯爽と帰ってった6人かっこよすぎたよ。

ドリフェスって「フェス」って言いながらも通常の野外で行われるような「フェス」とは全く別物なので、正直フェス感は全くないな~って思ったけど、ただそんなドリフェスだからこそV6はここまで自分たちの演出が出来たんですよね。そこが結果的に本当に良かったなと思います。野外フェスじゃLEDパネルもトロッコも無理だから。使い慣れた会場の特性を活かして、最大限の演出でいつもの自分たちのコンサートをやってくれて、ジャニーズを初めて見る人たちにも喜んでもらえたなんて最高じゃないか。コンサート見たくて仕方がないファンが大喜びしたのはもちろん。1フェスのためにここまでやってくれたV6本当にかっこいいし、ますます大好きになりました。ただ一つだけ言わせてもらうとしたら、我々50分じゃ全然足りないので、早く次のコンサートやってください!!

 

 

※本当はもっとあの時のメンバーがあんな風で~!って具体的に各メンバーの詳細とか、演出の詳細とかいっぱい書きたかったけど、もう記憶がないんだ。感情が高ぶりすぎて代々木に記憶捨ててきたんだ。ほんと残念だね・・・。